ごぼう茶を買ってみました。

今更って言わないで下さいね ( ˘ω˘ )

ごぼう茶にはまってます。

もちろん数年前の流行って知ってますよ。

でも健康に流行は関係ないですからね。

ごぼう茶っといえば、南雲先生が監修したごぼう茶が有名ですよね。

ごぼう産地・茨城県で、30年以上ごぼう作りに取り組む山﨑恵造さんが、ごぼう茶用に畑で作った特別なごぼうを、ワンランク上のプレミアム茶に仕上げました。

「関東ローム層の赤土で育ったごぼうは味も香りもピカイチ。他には負けない自信があります」と山﨑さん。監修の南雲吉則医師も農園に足を運び、惚れ込んだ良質のごぼう。山﨑さんのこだわりと南雲先生のアドバイスが活かされたあじかん自慢の逸品です。

飲み方もTパックで簡単なインスタント感覚で楽しめます。

美味しい飲み方は、

  • (煮出しの場合)
    煮出す場合はやかん等に約1~1.2Lの水と本品を入れ、沸騰後3分ほど煮出してお使いください。
  • (水出しの場合)
    700~800ccの水にティーバッグを1包入れます。冷蔵庫で2時間程度冷やし、お好の濃さになりましたらティーバッグを取り出してお召し上がりください。
  • (カップの場合)
    本品1包に沸騰したお湯約150cc~200ccを注いで下さい。2分が飲み頃です。
    お好みにより、数回お使いになってもお召し上がり頂けます。

【使用上のご注意】

  • 焙煎ごぼう茶を煮出しされる場合冷蔵庫に入れて、1~2日で飲みきって下さい。
  • 焙煎ごぼう茶を水出しされる場合冷蔵庫に入れその日のうちに飲みきってください。
  • ごぼう茶を飲んだ後の茶がらもおいしくお召し上がり頂けます。
    冷凍、冷蔵で保管されお早めにご使用下さい。

って、簡単でしょう(^^)/

いいものは今でも流行り続けていますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です